10年ぶりの遊戯王

デュエルリンクスのプレイ記録や初心者向け記事、OCGに復帰するまでのカード購入記録などをまとめています。10数年前は「きの友」という名前でプレイしていました。

飲んだくれで10年前の遊戯王ユーザーがOCG復帰しようとしたり
デュエルリンクスで廃課金するブログ
<過去実績>
第1回KCカップ アジア・オセアニア28位
世界大会最終予選グループE日本50位
<デュエルリンクスID 対戦・フレンド歓迎>
975-458-284
ツイッターはこちら

第12回 初心者講座の題材はデッキ圧縮です。

デッキ圧縮とは、平たくいうとデッキの枚数を減らすことです。
目的は自分の欲しいカードを引く可能性を上げるためとなります。

理由は以前記事にしましたデッキの枚数は20枚にしたほうが良い理論と同じになります。
デッキ枚数が少ないほうが、引きたいカードを引ける確率が上がる理論ですね。

ではデッキ圧縮をするためには、どうすればいいかというと

IMG_2412
・通常ドロー以外でドローする
    →強欲な瓶、凡骨の意地、強欲なかけら など
  強欲な瓶は1枚使って1枚ドローするという、一見意味のないカードに感じますが、デッキ圧縮をするという意味では非常に有効です。
どうしても20枚までに1枚足りないなんて場合は、とりあえず入れちゃってOKです。
今は機会が少ないですが、実はチェーンして発動することで、1枚のアドバンテージを得ることがあります。
現状だとスタンピングクラッシュとかです。
相手のスタンピングクラッシュに強欲な瓶をチェーンしてみると・・・
自分は強欲な瓶を失いますが、効果でドローしているので消費したカードは0枚です。
対して相手はスタンピングクラッシュを失いましたので消費は1枚。
つまり0:1交換でき、アドバンテージを1枚取得します。
アドバンテージを取得できるお得な小技なので、覚えて損はないと思います。

IMG_2414
・デッキからカードをサーチする
   →青竜の召喚士、墓守の召喚士、ウェポン・サモナー、ソニックバード 、サンダードラゴンなど
サーチとは探し当てて、手札に加えるという理解で大丈夫です。
もちろん好きなカードを自由に手札に加えることはできませんが、特定のカードを手札に加えることで、デッキ圧縮を図ります。
青竜の召喚士のように、フィールドから墓地に置かれた時にサーチすることのできるモンスターをサーチャーなどと呼びます。
アドバンテージ取得に貢献してくれるので、是非使いこなしましょう。
(詳細は前回の動画をご参照ください)

IMG_2413
・デッキからカードを特殊召喚する
   →万華鏡、テスハムスター、マジシャンズ・サークルなど
フィールドにモンスターを展開しつつ、デッキ圧縮もできてしまう強力な方法です。
しかしコンボ性が高く安定度は低いです。
(例えばデッキから召喚したいカードが先に手札に入ってしまうと、デッキ圧縮はできないわ、特殊召喚はできないわとなる)
スリカエを使うなど、手札に来た時に有効活用できる方法を考えた上で使いましょう。

IMG_2415
・デッキからいらないカードを捨てる
    →マジカルシルクハットなど
現在はこれができるカードが少ないのですが、これも強力です。
ポイントはいらないカードを捨てるという点です。
引きたいカードを捨ててしまうと、本来の目的から離れてしまうのでデッキ圧縮とは呼べません。
(例えば引きたいカードがモンスターカードがなのに、魔道雑貨商人でデッキの枚数を減らしても圧縮はとは言い難いです)
マジカルシルクハットはその時その時に次のターン以降いらなくなるカードを捨てていくなんて使い方ができます。
ただしマジカルシルクハットは単純に使っても1枚のアドバンテージを失うだけなので、どうしても裏守備にしたいモンスターを採用しているデッキや、次のターンまでモンスターを残したいシーンが多くなるデッキ、はたまた墓地に送られることで効果が発動するカードを投入するデッキ(ブラックペンダントや荒野の大竜巻)などにだけ採用しましょう。


などなど
自分のデッキにあった圧縮を行い、引きたいカードを引く確率を上げていきましょう。
 
2017/5/1 追記
デッキ圧縮カードとスリカエのコンボが非常に強力で、5/24からスリカエが弱体化されます。
一番有名どころはサンダードラゴンを使ったコンボ。

サンダードラゴンはデッキを2枚圧縮する効果を持っていますが、初手に2枚あると圧縮の恩恵が少なくなってしまう弱点があります。
そんな時にスリカエを使うとあら不思議。
デッキにサンダードラゴンが戻るので、1枚しか圧縮できないところが、ちゃんと2枚圧縮できるようになるのです。
デスハムスターなんかも、同じようなことが可能です。

このようにデッキ圧縮カードは、サーチ対象がデッキに眠っていることが前提に効果を発揮します。
このため投入枚数は非常に重要であり、例えば融合賢者1枚、融合1枚という投入は先に融合を引いてしまうと融合賢者が使えないので、あまりよろしくありません。
適したパターンはデッキにもよるので調整しながら見極めてほしいのですが、迷ったらサーチするカード:サーチするカード=2:3か1:3あたりが、デュエルリンクスではバランスよいと思います。

お気に召しましたらクリックお願いいたします

遊戯王 ブログランキングへ 
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック