10年ぶりの遊戯王

デュエルリンクスのプレイ記録や初心者向け記事、OCGに復帰するまでのカード購入記録などをまとめています。10数年前は「きの友」という名前でプレイしていました。

飲んだくれで10年前の遊戯王ユーザーがOCG復帰しようとしたり
デュエルリンクスで廃課金するブログ
<過去実績>
第1回KCカップ アジア・オセアニア28位
世界大会最終予選グループE日本50位
<デュエルリンクスID 対戦・フレンド歓迎>
975-458-284
ツイッターはこちら

害悪が許せないって人多いんじゃないですか!?
私も許せないです・・・

9498BB83-922C-434A-9538-DF8613A3D3CF
テリーさんも激オコですよ。
ちなみ私はKOF97から、14までずっとテリー使いです。
サニーパンチ!
違ったパワーチャ!(永久)



44929498-12BF-4EC6-9E7B-6072F3FED6D0
ということで、今回はワイルドマンのお話です。
彼はトラップカードの効果を受けないという特性を持っています。
俗にいう害悪デッキのメインカードは、トラップカードが多めのため、彼が大活躍してくれる可能性が高いです。


ごちゃごちゃ言う前に、まずはいつも通り動画をご覧ください。
ディスティニー害悪 VS バランススタンとの対決です。
先行ディスティニードローが3伏せしてきた時点で害悪と判断。
ワイルドマンを引くまで待つことで勝つことができた一戦です。



A42A22D3-1821-4B4B-992F-1AAB8B4603A1
害悪といえば怖いのはラヴァゴーレム。
マリクイベントで2枚採用できるようになったことで、虫野郎、ハゲ、覗き見野郎が生き生きしはじめ、嫌気をさした人も多いんじゃないでしょうかw

ラヴァゴーレム対策として気をつけたいのが、安易な2体目の召喚。
しかし害悪デッキと対しすると肥大化や底なし落とし穴で、2体目を出さざるを得ない状況を強いられることが多々あります。
そんな時そこワイルドマン。
害悪デッキと読みきれれば、ワイルドマンを引くまで粘ればそれだけで勝てる可能性が生まれます。
まあ、フライング寄生や呪魂の仮面使われるときついんですけどね・・・

それでも動画の通り、罠をかいくぐれるのは非常にでかい!
現環境で害悪が出たらサレンダーという構築は地上に厳しいため、スタンダード系にはワイルドマンの採用をお勧めしたいなと思います。

お気に召しましたらクリックお願いいたします

遊戯王 ブログランキングへ 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメント一覧

    • 1. ななし
    • 2018年01月01日 01:04
    • 前回のKCでワイルドビート使ってたけど打点不足がキツい…
    • 2. kinotomo
    • 2018年01月01日 11:46
    • > 前回のKCでワイルドビート使ってたけど打点不足がキツい…

      ワイルドマンの厳しいところはそこですよね
      1500打点って横にしても破壊できないカード多いですよね。
      ネフティスなんて、やらしいことこの上ない...w
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット