10年ぶりの遊戯王

デュエルリンクスのプレイ記録や初心者向け記事、OCGに復帰するまでのカード購入記録などをまとめています。10数年前は「きの友」という名前でプレイしていました。

飲んだくれで10年前の遊戯王ユーザーがOCG復帰しようとしたり
デュエルリンクスで廃課金するブログ
<リンクス過去実績 WCS/KC>
銀アイコン 3/7
第1回KCカップ アジア・オセアニア28位
第1回WCS予選 日本50位
第3回KCカップ 世界39位
<デュエルリンクスID 対戦・フレンド歓迎>
975-458-284
ツイッターはこちら

2D90339C-853A-4EB9-8195-43BBB99FAFEE
それでは再開第1回目行ってみよう
٩( 'ω' )و

今回はグアムで購入してきたこちらの商品を開封していきます。

ゴールドシリーズなんでしょうけど、日本のよりやたら偉そうな、たたずまいw

ちなみにこちらの商品は、日本だと1つ大体1,5002,000くらいで取引されているみたいです。
自分は値札の通り25ドルで買ったので・・・
(´・ω・`) 




23FF4C9E-8D8D-4883-8223-664E9FF45B9A
それではまず、赤い方からパカっとな。
 

353DF31C-F70A-4253-A40C-B8481322C384
中には3パック入っておりました。

おお、なんとなく神々しさを感じて開けにくいな・・・

まあ、開けるんですけどw



097D5BD3-4EEC-4E4C-B35E-9E9203A3DB10
まず最初はこちら。

ゴルシク2枚、ゴルレア3枚って構成なんですかね?

残念ながらわかるカードが少ない(´ω`)

英語難しいです・・・

ミラフォの亜種の奴は、なんとなーく覚えてるんですけど、これってゴルレアにするほど汎用性高くないようなw


シクはリンクスでも絶賛微妙扱い受けてる煉獄の落とし穴ですね。

ちなみに値段的な価値は(´ω`)




F22B6C81-8E05-4EBF-8BE9-7E21E6362975
お次はこちら。

おー、カステル入ってる!
(インテル的な発音で)
 

こういう汎用性の高いカードがシクなら、ワンチャンデュエルで使うんですが、おしい。

ブリガンダインはちょっと面白い効果してますね。

リンクスならまだまだ一線で活躍しそうな効果です。


さてさて、ここまでのシクは相場的には大体1枚で100-300円くらいですね。

英語版で流通が少ないし、シクだからとりあえずこれくらい値段つけとくか的な匂いがプンプンしますw


もしかしたら怪物的カードもあるかもしれませんが贅沢は言わないので、最後にせめて使えるカードか原作カードのシクをお願いしたいところ・・・!

い!



2784A53C-5F1E-4FE4-A8AA-90A29AFD0119
なんで相乗りをゴルレアにしたんだ
w

いや?OCGだと意外と使えるのかな?


まあそれはさておき、最期のシク枠は昇天の剛角笛とビシバールキンですね。

剛角笛は最初、「お!昇天の角笛って英語版だとこうなんだ!」と思ってググったら、全然違うカードだっていうねw

動画撮影してたら、赤っ恥だったな(´ω`)

英語版恐ろしす・・・




ということで、今回はずっと遊戯王やってた人にとってはきっと懐かしの開封だったであろう、英語版のプレミアムゴールドの開封をしてみました。

黒い方は、また別記事で開封していこうと思います。

実はグアムで買ってきたカードはまだまだ残っているので、そろそろガンガン開けていこうと思っていますw

お気に召しましたらクリックお願いいたします


遊戯王 ブログランキングへ 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

 コメント一覧 (6)

    • 1. もっともっと
    • 2018年04月02日 21:49
    • いいですわゾォ
    • 2. 不知火の化身
    • 2018年04月02日 23:33
    • 亜種のは、『神風のバリアーエア・フォース』ですね。効果は、宣言時に攻撃表示のモンスターをすべて、手札に戻す。です。詳しくは、データベースのクラッシュオブリベリオンで見れますよ。
    • 3. kinotomo
    • 2018年04月04日 18:06
    • > いいですわゾォ

      英語版カッコええんじゃ〜
    • 4. kinotomo
    • 2018年04月04日 18:07
    • > 亜種のは、『神風のバリアーエア・フォース』ですね。効果は、宣言時に攻撃表示のモンスターをすべて、手札に戻す。です。詳しくは、データベースのクラッシュオブリベリオンで見れますよ。

      意外と強い効果でしたね!w
      なるほど、ちょっと参考にしてみますね!
    • 5. STARDUST
    • 2018年04月15日 18:02
    • エアフォ!?カズキングVS佐藤先生で、カズキングのデッキにつきささったエアフォじゃないか。エアフォは今や構築済みデッキに再録されるカードになったけど……

      相乗りは、日本でネクロム環境の時によくデッキに入っていたはず。海外はドローカードや、サーチカードに関するカードは高レアリティになりやすいような気がします。
    • 6. kinotomo
    • 2018年04月17日 23:33
    • コメントありがとうございます。

      なるほど、ドローやサーチ系ってそうなんですねー
      確かに昔から日本語版はノーマルで実装されて、価値が判明した後に海外版だとレアリティ上がってるみたいなイメージありますね

      自分のころだと増援とか苦渋とかそうだった気がしますねー
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット